【仕事に必要なスキルを指導】社員研修で教えるべき内容とは

調査で見えてくるもの

オフィス

本音を引き出すために

最近は、顧客満足度調査と並行して社員満足度調査に力を入れる会社が増えています。この二つは密接な関係にあり、会社の業績を伸ばすためには、社員満足度をアップさえる必要があるのです。社員満足度調査は、その下地作りとも言える存在です。それでは、どのようにして社員満足度を推し量るのか、そのやり方が問題となります。社員満足度は、社内アンケートだけで正確な値を知るのは不可能です。企業の上層部が行うアンケートでは、どうしても会社への遠慮の気持ちが出てしまいます。記名調査となると尚更です。社員の本音を引き出すのは、匿名調査の方がより正確な回答が得られます。しかし、匿名調査では回答者が不明であるため、調査後の対処がやり辛くなります。社員満足度調査を意味のあるものにするためには、専門の調査会社に委託することが得策と言えます。専門の調査会社に社員満足度調査を任せれば、匿名性の高い調査を実施しながら、回答者の特定ができるシステムを用意してくれます。第三者機関の調査ということで、参加する社員もリラックスして回答ができることになります。調査結果が業務の評価に響くことはなく、会社の上層部に回答を知られる心配がないということで、回答者の本音を引き出すことに繋がるのです。社員満足度調査の結果が、企業にとって思わしくない場合には、改善のための手筈も提案してもらえます。この調査を行ったことで、企業体質の改善を実現させて業績アップに繋げた企業は数多く存在します。