【仕事に必要なスキルを指導】社員研修で教えるべき内容とは

社員満足度を調査する目的

男性と女性

社員の意識と業績アップ

最近、社員満足度調査に力を入れる会社が増えています。社員満足度調査は、顧客満足度調査とセットにして実施されることが多いといいます。社員満足度が顧客満足度に繋がることが分かってからは、調査数も格段に増加しています。そして、社員満足度の定義も大きく変わってきています。社員が働いている企業に満足しているかどうかは、様々な要素があり、単純な分析はできません。会社の給料や労働時間に満足しているという人は結構多いことでしょう。しかし、その人たちが仕事そのものに対して満足しているかというと、話はまた別です。このような企業では、社員のモチベーションを上げることが難しくなります。会社の待遇に対する満足度と仕事に対する満足度は、別の次元の事として捉えなければ、真の社員満足度調査には繋がりません。そして、社員満足度調査を会社の業績アップに繋げるためには、調査結果の分析も重要です。結果次第では、企業体質を大きく変換しなくてはならない場合も出てきます。そのためにも、調査は専門機関に依頼することが重要です。会社の上層部によるアンケート調査ではなく、第三者機関の調査が必要なのです。第三者機関による調査により、社員一人一人の本音を引き出すことができます。そして、社員の意識調査から分かった点を、業務の改善に導くことが最終目的となります。調査の実施については、専門機関の事前説明とカウンセリングも合わせて行うことになります。調査会社に依頼する際には、経営者側から社内問題を提言することも忘れてはなりません。