【仕事に必要なスキルを指導】社員研修で教えるべき内容とは

効率よく人材育成

講義

小さい企業から大企業まで

新入社員研修で毎年頭を悩ませている企業は少なくありません。時代の変化や労働環境やビジネス環境に合わせたマニュアルの改定や整備が求められ、誰が担当するかの人選をはじめ、担当者はそれなりの準備期間や手間も必要になります。従業員数の少ない中小企業などでは、本来の業務と兼務で並行して行わなければならないケースも多く、負担も重くなります。一方で採用する新入社員の数も少ないので、ほぼマンツーマンで新入社員研修を行う必要が生じ、その間に別の業務で研修ができなくなるなど、担当社にも新入社員にとっても非効率となります。新入社員研修を行う会社にお任せすれば、こうした非効率から解放され、準備や研修の業務負担も軽減されます。中小企業の場合は各社合同のプランを利用することで、コストも抑えることができます。入社時期は4月初旬とほぼ同じで、研修内容も社会人としてのマナーや電話対応など基本的な事柄となるため、企業の業種を超えて合同実施ができるためです。新入社員の数も多く、人事部門に研修担当の部署がある大企業であっても、新入社員研修のアウトソーシングは業務の効率アップにつながります。研修マニュアルの改定業務から解放され、研修担当者の転勤や人事異動、離職による引継ぎの手間や新たな担当者のトレーニングなどの時間も省くことができるからです。人材育成のための基本的な研修は専門家に任せ、自社の業務や仕事に関する研修を集中的に行うことに繋がり、研修効率も高められます。