【仕事に必要なスキルを指導】社員研修で教えるべき内容とは

一流の社員育成術

社内

外部に委託して行う研修

会社にとって新たに採用した新入社員研修をいかに行うかは将来を左右する重要な事項と言えるでしょう。そのため、研修を司る人事部の役割がポイントとなる訳ですが、大企業のように専門の研修チームを社内に抱えている場合は別にして、多くの企業ではそこまでのリソースを用意しておくことは難しいのではないでしょうか。社内に十分な研修体制が整っておらず、一から用意するだけの規模でもないということであれば、新入社員研修を外部委託して行うということも一つの方法です。特に新入社員研修で必要とされると言われている項目には、業種や職種を腫を問わずに求められるビジネスマナーなども含まれますので、社内に研修チームを抱え込むよりも社外のリソースを活用した方がコストも安くて済みますし、最新の情報を得ることも可能です。次に社会人研修で学ぶべきことは何もビジネスマナーに留まりません。自社の製品や会社の歴史について知識を習得することも大切な研修のテーマになるのですが、こういったことは社内の人よりもより客観性を有している社外の人から聞いた方が説得力をもって新入社員に受け取ってもらうことが可能です。その意味でも、研修を外部委託することもメリットは大きいと言えるでしょう。最後に、新入社員研修を外部委託することは、決して研修を丸投げするわけではありません。実際に研修を行うのは外部の講師であったとしても、その準備に際しては会社として積極的に取り組む必要がある点に留意するようにしましょう。