【仕事に必要なスキルを指導】社員研修で教えるべき内容とは

男性と女性

社員満足度を調査する目的

最近は、社員満足度調査に力を入れる会社も増えています。社員満足度調査の目的は、社員の本音を引き出すことだけではなく、調査結果を社員の意識改革に繋げることです。そのためには、社員満足度調査は、専門機関による実施が必須です。

詳しく見る

講義

効率よく人材育成

社会人としてのマナーや仕事の基本を教える新入社員研修をアウトソーシングすることで、マニュアルの改定や研修担当者の業務負担から解放され、より効率の良い研修が実施でき、中小企業から大企業まで効率のよい人材育成にも役立ちます。

詳しく見る

セミナー

社員のレベル向上

経営者は、未来永劫会社が発展していくために従業員の成長をサポートする必要があります。ビジネスセミナーに社員が参加する場合は費用もかかりますが、社員教育の投資だと考えれば必要なものということも分かります。

詳しく見る

オフィス

調査で見えてくるもの

社員満足度調査は、企業の業績アップのための下地作りとも言える存在です。調査を行うことで、社員の満足度を上昇させ、顧客満足度を確かなものにして売り上げを上げる仕組みができるのです。社員満足度調査は社内アンケートではなく、専門の調査会社に委託した方が、より正確な値が分かります。

詳しく見る

社内

一流の社員育成術

企業にとって新入社員研修をいかに効果的に行うかは重要なテーマです。大規模のように自社で研修チームを抱えることができるところを除いては、外部の専門業者に委託して研修を行ってもらうというのが有効ですので、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

知識とマナーの幅を広げる

セミナー

社員のレベルを底上げ

仕事には礼節が欠かせませんが、一般的にビジネスマナーといえば仕事上必要なものを身につけるという印象がある人も多いのではないでしょうか。電話での応対や報連相、書類の書き方や行政への申請などがビジネスセミナーで学ぶ内容だと思われがちですが、他にも多くのことを学べる場でもあるのです。たとえば、障害者や高齢者など社会的弱者と言われる人達の立場に立ったり、どのようなサービスが求められているかを学ぶためのセミナーなどは、年令を問わず人気のセミナーといわれています。直接仕事に関係ある内容ではなくても、自分にはなかった視点を持つことで、仕事に新しい視点を持ったり、社員からのアイディアを想起させるという狙いがあるのです。ほかにもビジネスマナー研修で洋服のコーディネートやカラーコーディネートの学習を中心としているものもあります。一見仕事に関係ないと思われがちですが、イメージに合わせて洋服を選び、自分を演出するという視点を持つ、細部までこだわるというマクロな視点を持つなど、得られる効果は様々です。このようにビジネスセミナーと言ってもその内容がビジネスマナーだけに限定されるわけではありません。多様な内容・ジャンルの中でマナーや礼儀を身につけ、これまで知らなかった知識に触れることで社会人としてのレベルを底上げするというのもビジネスセミナーの魅力です。画一的に考えず、社員の質を高めるためにどんな要素が必要かを考え、ビジネスセミナーの委託先や研修を実施している会社を選ぶことをおすすめします。